吸入指導について

当院では薬剤師と共に、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などで使われる吸入薬の使用方法の定期的な指導を行っています。

気管支喘息での吸入ステロイド薬、COPDでの気管支拡張薬の吸入薬など、吸入療法は呼吸器の病気において極めて大事な治療法です。

吸入療法を継続することは発作、病気の悪化を防ぎます。しかしせっかくの吸入療法も正しい方法で行わないと効果が得られません。使うのに少しコツがいる吸入薬もあります。だんだん自己流になり正しく行われていないこともたまにあります。

そこで、開始する時とその後定期的に、ファーマシー丸山台のの薬剤師と協力して吸入薬の使用方法を解説および確認させていただいています。


現在、お陰様で薬剤師と連携した吸入指導も軌道に乗ってきており、吸入療法の習得が困難な高齢な方への吸入指導の検討や近年さらに種類が増えている様々な吸入器具の指導上の注意点などについて、ファーマシー丸山台の薬剤師とともに学会や各種研究会においてデータを発信しています。