ご挨拶

古家内科医院 院長 古家 正

古家内科医院 院長 古家 正

当院は呼吸器・循環器を中心とした内科医院として地域の皆様と共に歩み、お蔭様で開院より約30年となります。皆様のご指導に深く感謝いたします。

東京医科歯科大学などで内科、特に呼吸器領域・アレルギー領域の診療および臨床研究、学生教育に従事しておりましたが、2010年より当院の院長として診療を行っております。

専門領域での経験を生かし、特に呼吸器・アレルギー領域を中心とした内科領域の第一線の専門的な診療をいたしたいと存じます。さらに、高度に細分化され診療時間も限られる大病院では困難な、地域の皆様方とのふれあいを大切に考えております。全身の不安なことはまずは何でも気軽に相談ください。専門科での診察が必要な場合は適切に見極め、かかりつけ医としての役割を担うべく精進してまいる所存です。

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。 

プロフィール

医学博士

日本呼吸器学会呼吸器専門医

日本アレルギー学会アレルギー専門医

日本内科学会認定内科医

横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター非常勤 

職歴

1995年 福井医科大学(現福井大学)医学部卒業

1995年 東京逓信病院内科医員

1998年 東京医科歯科大学呼吸器内科医員

2003年 横浜赤十字病院呼吸器科医員

2005年 東京医科歯科大学呼吸器内科医員

2006年 東京医科歯科大学呼吸器内科助教

2007年 東京医科歯科大学呼吸器内科外来医長

2008年 東京医科歯科大学呼吸器内科病棟医長


古家内科医院 初代院長 古家 堯

古家内科医院 初代院長 古家 堯

医師としての歩みは、大学病院の内科に属し国立療養所をはじめ2~3の病院から始まりました。その後、東京逓信病院に約17年間勤務し、1981年当地に古家内科医院を開設いたしました。 

病院勤務当時は様々な呼吸器疾患の診療に携わり、特にサルコイドーシスに関しては、厚生省(現厚生労働省)特定疾患サルコイドーシス調査研究班に班員として加えられ、微力ながら本症の多彩な病変、特に心臓病変の解明に尽力させていただきました。ちなみに肺と心臓をモチーフとした当院のロゴは日本サルコイドーシス学会のトレードマークを基にしておりますが、学会のご厚意により使用させていただいております。 

おかげさまで当院は地域の方々に親しまれ、おかげさまで開院より約30年になります。これまでの皆様方のご支援、ご指導に深く感謝いたします。 

当院も次の世代に代わりました。医療を取り巻く状況も時代と共に変化しております。しかし、広い視野で患者さんの病気のサインを詳細に見極め、的確な診断に導くことは、いつの時代においても最も重要であると考えております。

皆様方のお役に立てる様にさらに精進して参りたいと存じます。今後も当院をご指導の程よろしくお願いいたします。