・新型コロナウイルスワクチンの予約受付は終了しました。

・本年はインフルエンザワクチンの供給が遅れるとのことです。10月25日(月)から65歳以上の方の接種を開始予定ですが、多くの方が接種を希望される予想のため抽選制とさせていただきます。10月11日(月)~10月16日(土)の期間に当院で用意する申込用紙をご提出ください。1回目の接種期間は10月25日(月)~11月2日(火)の予定です。該当された方には10月18日(月)~10月22日(金)にお電話いたします。2回目の接種期間は11月上旬を予定しており、改めて抽選を行い該当された方には10月29日(金)~11月5日(金)にお電話いたします。64歳以下の方は11月中旬以降にweb予約の上接種を開始予定です。全ての方に接種出来るとは限りませんのでご了承ください。12月の予定は未定です。

・新型コロナウイルス感染症の検査を含め発熱など風邪症状の方の診療は、平日14:30~16:00、土曜日13:00~14:00に2Fフロアーで行っております(完全予約制)。風邪症状のある方は直接受診されず、12:00までに必ずお電話でお問い合わせ頂くよう、お願いいたします。平日午後の一般の方の診療は16:00以降となります。

045-844-3080

吸入指導について

当院では薬剤師と共に、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などで使われる吸入薬の使用方法の定期的な指導を行っています。

気管支喘息での吸入ステロイド薬、COPDでの気管支拡張薬の吸入薬など、吸入療法は呼吸器の病気において極めて大事な治療法です。

吸入療法を継続することは発作、病気の悪化を防ぎます。しかしせっかくの吸入療法も正しい方法で行わないと効果が得られません。使うのに少しコツがいる吸入薬もあります。だんだん自己流になり正しく行われていないこともたまにあります。

そこで、開始する時とその後定期的に、ファーマシー丸山台のの薬剤師と協力して吸入薬の使用方法を解説および確認させていただいています。


現在、お陰様で薬剤師と連携した吸入指導も軌道に乗ってきており、吸入療法の習得が困難な高齢な方への吸入指導の検討や近年さらに種類が増えている様々な吸入器具の指導上の注意点などについて、ファーマシー丸山台の薬剤師とともに学会や各種研究会においてデータを発信しています。